ホーム > キャンペーン > 何度も売り買い

何度も売り買い

現実にパソコンの前に座り変化している相場を見ると、何やらトレードをしたくなる衝動が沸き起こる状況も少なくないだろう。

 

だけど、あやふやな感覚で注文することだけは、絶対にしてはいけません。

 

ご覧の通り、為替相場は1日中、常にどこかの国で為替相場が変化しているし、マーケットもいつでも変動しています。

 

しかし、だからといって何度も売り買いをすると、その回数分だけマイナスになるリスクが高くなります。

 

もちろん、注文の数を重ねることによって、だんだんと勝ち負けの可能性が50%、50%になるのは事実です。

しかしその事実は「明確でないインスピレーションでエントリー」とは別の話です。

 

売買回数を重ねるとは、自分で「ここは!」と感じた自信を持ったうえでのトレード回数を増やすという事を言っています。

 

ただ、連続して注文を積み重ねるのとは明らかに違います。

 

外国為替市場の戦いに立ち向かうためには自分が意識して緩急をつけることこそが大事だ。

「ここはいける」と感じた為替相場の時には迷わず所持ポジションを積み増して、集中して利益を求めます。

 

「ちょっと難解な外国為替相場でどうなるか考え付かないな」と考えた時は、思い切って保持ポジションをひとつも残さないで諦めて何もしない。

それぐらいのけじめがあったほうが売買は勝てます。

 

マーケットの金言には「休むも相場」というものがあります。

実に言葉どおりだと思います。

 

為替取引とは休みなくポジションを持つことが大事ではなく何も保有せず待っている事もまた、FXです。

 

それでは、いつ、休みどきなのでしょうか。

 

ひとつめは、前述したように、今の外国為替市場が曖昧でよく見えない時。

高くなるのか安くなるのかわからないような時は分からないまま行動すると、自分自身で思い描いたシナリオとは逆に相場が推移してしまい、損失を被ることになる。

 

このような状況ではポジションを減らして、そのまま何もしないで静観を決め込むのが良い方法です。

第2に、自分自身の体の調子がすぐれない時です。

 

体の具合とFXに関係がない思う投資家もいるでしょうが考えている以上につながりがあります。

体の具合が悪い時は、マーケットの失敗できない場面で必要な決断を下すことができない。

興味がわかない時はマーケットから離れてみるのも大事なことだ。

 


関連記事

  1. 無駄毛脱毛お手入れの慣れについて

    学生の頃、衣替えが終わると同時に気をつけるのが、無駄毛のお手入れでした。普段お手...

  2. お腹の脂肪を減らしていきたい

    お腹の脂肪を減らしていきたいという気持ち、 これはずっと持ち続けています。 ぽっ...

  3. 何度も売り買い

    現実にパソコンの前に座り変化している相場を見ると、何やらトレードをしたくなる衝動...

  4. アフリカウシガエルがパクリ

    今、爬虫類系のペットが流行っています。 そのなかでも買いやすく面白いのが、アフリ...