ホーム > 季節 > いつになく注意する

いつになく注意する

ディスプレイの前に座って絶えず上がったり下がったりしている為替相場をご覧になっていると理由無く注文をしたくなる衝動に煽られる場合も少なくないと思います。

でも、漠然とした直感でトレードすることだけは、避ける必要があります。

知っての通り、相場は四六時中どういう時でもどこかの国で外国為替市場はオープンしているし相場も常時動いています。

とは言っても、考え無しに売買をするとその分だけ損失が生じる危険性が上がってしまいます。

もちろん、注文の回数を増やすことによって、じょじょに儲けられる確率が五分五分になっていきます。

 

しかしそれは「なんとなく勘で売り買い」とは別の話だ。

 

エントリー回数を増やすということは自分が「ここは!」と考える機会を得た状態でのトレード回数を積み重ねるという事です。

 

何となく、絶え間なく注文を重ねるのとは全く違います。

 

マーケットの駆け引きに勝利するためには自分が主体的に緩急をつけることこそが肝心です。

 

「ここがチャンス」と考えた為替相場の時には迷うことなく所持ポジションを増やして思い切り儲けを狙います。

 

「何となく分からない市場でどう上下するのかわからないな」と思った時は、潔く諦めて所持ポジションを見切りをつけて静観します。

これくらいの緩急をつけた方が、最終的にトレードは勝てます。

市場の格言には「休むも相場」というものがある。

本当にその通り。

 

外国為替相場とはいつも売買ポジションを保持する事が重要ではなくポジションを所持せずじっと待っている事も事態によっては、取引です。

では、いつ休む必要があるのでしょうか。

第1に考えられるのが、前述したように、これから先の外国為替相場がしっかりと良く見えない時です。

これから円高になるのか、それとも円安になるのかが決める事が出来ない時は、分からないまま行動すると、自分自身で考えたストーリーとは異なった方向に相場が変動してしまい、損失を被る事になります。

だから、そうした状況ではポジションを減らして、そのままの状態で見ているだけがいいと思います。

ふたつめは、体の調子が悪いときです。

 

体の状態と相場につながりがない思う投資家もいますが大きく影響を与えます。

体調がよくなければ相場の肝心な面で必要な判断が出来ない場合が多くなります。

 

やる気がわかない時は取引から遠ざかる事も肝心な事です。

楽しいBlogみっけた( ´ ▽ ` )プチライフ